ホットミルクは、私にとってのメンタルサポーター

「セロトニンが!」「メラトニンが!」といった小難しい話ではなく…単純に「ホットミルクを飲むと、翌朝スッキリ目覚める」のを体感しています。

“甘~い、あま~いホットミルク”を飲みながら「明日は最低限これとこれをやろう」と計画を立てるのが、最近のお気に入り習慣です。

 

スポンサーリンク

自分に合った習慣探しこそ、毎日を楽しむコツ

むしろ、ホットミルクを飲むことで「自分のリズムをつくっている」といったほうがよいかもしれません。

不器用な私は、“休む”という行為が苦手です。

 

「こうしている間に、どんどん他の人と差がついてしまいそう」

 

そんな強迫観念に駆られる日々が続いていました。

 

本当に…きちんとメリハリをつけて休まないと、気持ちがいっぱいいっぱいになりますね。

朝起きる度に「あぁ、今日も1日始まってしまった…」と悲観的な気分になってしまいました。

 

冷静に振り返ると…。

 

「他の人って一体誰?」

「自分のゴールは、一体何なの?」

「そんな人生で楽しいの?」

 

 

・・・

 

 

目標達成のために、無理してでも頑張らなければいけないときもあるはずです。

しかし、私はそんな生活を365日続けようとして、「自分は本当に不器用だな…」と悪循環に陥っていました。

 

今では、“自分が無理せず、できること”を就寝前に考えています。

ホットミルクを飲む習慣があることで、自分と向き合う時間をきちんと確保できています。

 

「就寝前のホットミルクには、睡眠の質を上げる」という医学的根拠があるのか定かではありませんが…私にとってホットミルクは、翌朝スッキリ目覚めることができるメンタルサポーターです。

 

人によって、理想の習慣は異なります。私ももっと“自分に合う習慣のパートナー”を見つけて、より前向きで楽しい人生にしていきます。

 

 

焦らず、できることから。

そして、毎日楽しく続けられるように。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA